うつ病療養中、りをの闘病と大好きな美容のブログ

うつ病のライフハックや、“可愛い”を追求するブログ。

双極性障害の私がしている在宅ワークについて書いてみた。

 

こんにちは。りをちゃんです。

最近、ツイッターで、匿名質問箱を開設しました。

 

「今は何のお仕事をされていますか?」

「ライターのお仕事は記事を考えるってことですか?文字起こしなら私にもできるかな…。登録はネットからですか?どのサイトが良さげですか?」

 

などと、在宅ワークについての質問を貰いました。

 

なので今回は、私が今していている在宅ワークについて書いていこうと思います。

 

 

在宅ワークをしている理由

 

退職してから1年半の間、傷病手当をもらっていたので、自分で働いて収入を得ることができませんでした。

 

傷病手当金を貰い切ったときに、働いてもいいんだ!でも、看護師はバイトをするにしても辛いな…という気持ちが沸き上がってきました。

 

傷病手当金を貰っている間は、登録販売者の資格の勉強をして、合格しました。

 

それにしても、いきなり外に出るの!?という感じで、ビビりにビビっていました。

不眠・過眠で生活リズムはぐちゃぐちゃだし、まだまだ死にたいと思うことすらあるのに……って感じです。

 

世の中はコロナで、リモートワークが主流になっているのを見て、あ!家で働ける内職とかないかな?在宅ワークってどんなのがあるんだろう?と思ったのがきっかけです。

 

ネットやYouTubeうつ病の社会復帰や、在宅ワークについて調べまくりました。

 

そしてたどり着いたのが、クラウドワークスでの「フリーライター」「レビュー」「アンケート」、株式会社RASHISAさんでの「文字起こし」です。

 

2020年の9月からやっています。

その2つが今の収入源になっています。収入源といっても、携帯代や奨学金代をやっと稼げるレベルです。多分健康で、もっと稼働時間が多ければ、もっと稼げます。

 

私の体では、今はその値段を稼ぐのが精いっぱいなんだと思います。

在宅ワークもまあまあできるようになったし、もっとお金ほしいな~と思い、2020年の12月にアルバイトの面接に行きました。

 

登録販売者のアルバイトです。面接は受かったものの、説明を聞きに行くと動悸が止まらず……女の人が多いという独特の雰囲気や、明らかに利用されそうな雰囲気があり、前職の職場を思い出してしまいました。(思い込みかもしれませんが、そういう勘大事!)

 

と思い、説明を聞きにいってすぐに退職しました。

 

そこから、在宅ワークを頑張ろうと思いました。体が1番大切なので。

 

こんな私にもできているので、きっとこれを読んでくれている方にもできると思います。

 

クラウドワークスで稼ぐ

結構、どのサイトにも、YouTubeにもおススメされていたのが、クラウドワークスです。クラウドワークスは、簡単に言えば“お仕事マッチングサービス”です。

 

発注者さんが、こういうお仕事してくれる人募集してます。と募集をかけているので、受注者側の私たちが、やらせてください!と応募します。

 

発注者さんが、応募してくれた人の中から、自分を選んでくれるとお仕事成立です。

 

また、プロフィールや実績をみて、スカウトのお仕事が来る場合もあります。

スカウトがたくさん来るようになるには時間がかかりますが、何件かしていただきました。病気が強みになった案件もあるので紹介しますね。

 

 

まず、スマホでアプリをインストールしてプロフィールなどを設定しました。

プロフィールなどの書き方は適当にググってください。

 

クラウドワークスで主にやっているお仕事は

 

・ライティング(記事を書く)

・レビュー

・簡単アンケート

 

です。詳しく書いていきますね。

 

 

ライティングについて

在宅ワークについて調べて、1番初めにやりたい!と思ったのがライティングです。

フリーライターってかっこいいですよね。

 

私は、元看護師であったり、美容が好きなので、そのジャンルで検索してお仕事を探していました。

 

はじめはそんなにお金になる仕事はできないだろうと思っていたし、書き方が学べたり、書き方のマニュアルがちゃんとしているところがいいなと思い、応募しました。

 

あとは、Wordで納品できるところがいいなと思い、Wordで納品できるところに応募していました。サイトにそのまま入稿するのは難しそうなので…

 

初めて取ったライターの案件は、1500文字300円。1文字0.2円。めちゃくちゃ安いです。ほとんどお金になりません。

実績にはなるし、好きなことで1円でも稼げるなら…と思って、15記事くらい納品しました。

 

なんでも書いていいわけではなく、発注者さんから、こういうことについて書いてください。この言葉を文の中に5回は入れてください。などと指示がでます。そして、マニュアルも渡されるので、マニュアルにそって書きました。

 

とくに修正などはなかったです。丁寧に書いていただいてありがとうございます。といわれました。マニュアルに沿って書くのはとても大事です。

 

ある程度指定されている方が書くのは簡単です。

 

 

最近まで行っていたのは、脱毛の記事に関する案件でした。この案件はスカウトで、わりと金額も高かったです。(それでも1文字1円も行ってなかったですが…)

 

サイトにも載ったので、私が書いた記事を見ていただけると嬉しいです。少し、発注者さん側が文章の手直しをしてくださっています。

 

デリケートゾーンに洗い方なんてあるの?洗顔と同じくらい丁寧に洗わないと……! | NEILY(ネイリ―)

 

セルフで脱毛?デリケートゾーンだって自分でキレイにできる時代! | NEILY(ネイリ―)

 

このような記事を書きました。指示書やマニュアルがきちんとしているので、本当に書きやすかったです。小見出しなどを考える必要もなく、指示書の内容に肉付けしていくような感覚です。

 

Wordで納品して、発注者の方がこのようにサイトに載せてくれます。

Wordで文を書くだけで大丈夫です。

 

また、納期は長いものを選んだほうがいいです。

体調がいつどうなるか分からないので…短すぎるものはやめましょう。

最低でも1週間くらいのものを選ぶようにしています。

 

・自分が興味のあるジャンルで検索する

・できるだけWordで納品できるお仕事に応募する

・納期は長めのものを選ぶ

 

がポイントです!

 

 

レビューについて

レビューは、文字数も少なく、気軽にできるかなと思います。

自分が思ったことを書けばいいので、とても簡単ですよね。

 

はじめのレビューのお仕事はスカウトでした。内容は、入眠音楽のアプリを3日間使用して、レビューしてほしいというものでした。

 

なぜ、私をスカウトしてくださったかというと、プロフィールに病気のことを書いていたからでした。

 

私は、病気だということをプロフィールに書くことで、うつ病の記事を書く仕事に繋がればいいなと思い、書いていました。

 

それをみた発注者の方が、私に依頼してきてくれたということです。

病気が強みになりました。うつ病であること、不安障害や不眠があることを記載していました。そして単価が高かった…ありがたいです。アプリは今も使ってます。

 

 

また、美容のレビューのお仕事も継続してやらせてもらっています。

「モノシル」さんという会社で、化粧品や、キッチン用具などのレビューを載せています。とても参考になります。

 

モノシル | モノ選びの1番わかりやすいランキングサイト (monocil.jp)

 

30個以上口コミしています。りをちゃんという名前で載せてもらっているので、是非見てみてください。

 

これは、Wordでの納品ではないですが、とても簡単でした。

 

 

アンケートについて

アンケートはすぐに終わるし誰にでもできるし、めちゃくちゃ応募しているので、本当にすぐできます。選んで、アンケートして、そして報酬をいただくっていう感じです。

 

一番初めにやってみるのいいかもしれません。

 

 

その他のお仕事

 

その他にも、クラウドワークスではたくさんの種類のお仕事があります。

文字起こし、Excelを使って簡単な事務仕事や、梱包発送、調査などいろいろあります。ロゴデザインのコンペとかもありますし、本当に様々です。

 

私にできるのは、上で詳しく紹介したものですが、一人ひとり、得意不得意があるとおもいますので、とりあえず登録してみてください。

 

うつになる前にやっていたお仕事などが、とても役に立つと思いますし、自分のペースでできるのが、なによりも強みだと思っています。

 

 

株式会社RASHISAさんでの文字起こし

 

クラウドワークスでライターをし始めて少し経ったときに、お友達が紹介してくれたのが、株式会社RASHISAさんでした。

 

ホームページとTwitterを貼っておきます。

 

RASHISA (rashisa123.com)

 

(2) RASHISA inc. (@rashisa0123) / Twitter

 

社長のおかしょーさんのTwitterも貼っておきます。

 

(2) おかしょー@仲間募集中! (@ghibli0414) / Twitter

 

チャットワークというチャットのアプリでお仕事の依頼が来たり、RASHISAのグループチャットがあって、そこでも色々と企画されていたりします。

 

私は、ひどい虐待を受けたわけでもありませんが、幼少期での経験で辛かったことはいくつかあります。今も忘れられなかったり、アダルトチルドレンっぽさがあったり、大人になった今も、影響している部分はあります。

 

それが双極性障害になった大きな理由ではないですし、親のことは比較的好きです。

 

 

RASHISAさんは、虐待の後遺症や、精神疾患で社会とのつながりがなくなってしまっている方と社会をつなげてくれます。

 

文字起こしという仕事や収入で、すごく安心する自分がいます。

お仕事があるありがたさや、RASHISAの社長さん含め、スタッフの方がとても優しくサポートしてくれます。

 

そのおかげで、今月1月は、最近で一番お仕事ができた月になりました!

 

とても温かい気持ちになれます。メンバーの方もとても親切です。

 

興味がある方は、応募フォームを貼っておくので、応募してみてくださいね。

 

RASHISAワークス登録フォーム (form.run)

 

まとめ

最後までよんでいただき、本当にありがとうございます。

めちゃくちゃざっくりしているので、こういうことがしりたい!というのがありましたら、質問箱なり、リプなり送っていただけると嬉しいです。

 

私が住んでいるところは田舎なので、なかなかいいバイトがないというのもあります。

都会の方だと、内職などもあり、羨ましく思ったりすることも…。

 

でも、今の在宅ワークは楽しいです。

 

なかなかお仕事を捕まえるのは難しいかもしれませんし、お金もそんなに入ってくるわけではありませんが(私の場合)、少しでも参考になっていたら嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供の頃のことをふと思い出した。

 

※死ぬほどゆる〜いブログです。

 

私が4歳の時に弟が生まれたんだけど、赤ちゃんだから、当然おしりふきを使うじゃないですか。

 

使い切ったおしりふきのパッケージを、お母さんは普通にゴミ箱に捨てて。

 

本当に当たり前なんだけど...

 

私は、そのおしりふきのパッケージに印刷されている赤ちゃんが可哀想で、毎回拾ってたんだよね...

 

それで、どこかに隠すわけでもなく、とりあえず救出して、ゴミ箱の近くに置く。

 

これを繰り返してたな...。

 

 

 

あとは、ひよこがほしくて、卵をあっためてた。

 

今はわかる。あれは無精卵だから、あっためてもあっためても、生まれない...

 

 

 

あとは、小学生に上がる時に、体操服入れを配りに、おばさん2人が来てたんだけど、そういうの選ぶ時、だいたい1番変だと思うやつを選んでた。

 

だって、選ばれなかったら、誰にも貰って貰えなかったら可哀想だから。

 

だから、1年生のときから、汚くなるまで、パイナップルに、変な顔が書いてあるやつをずっと使ってたんだ〜〜〜!!!!!

 

 

 

 

おわり!

 

 

うつ病療養中、“休むことへの罪悪感”を和らげた方法。

 

f:id:riwo1224:20201219004750j:image

 

うつ病や、他の精神疾患を患い、休職や療養をしている人たちは本当の意味での、“休む”ができているのでしょうか。

 

休んでていいのかな?

と罪悪感で押しつぶされそうな方がほとんどだと思います。

 

精神疾患になる方は責任感が強く真面目な方がほとんどです。

いきなり、目に見えない病気を抱えて、休んでくださいとお医者さんに言われても、なかなかうまく休めませんよね。

 

私の場合は、「回復期」に入り、体が動くようになったり、少しづつ思考が通常に戻ってくるとなおさら辛くなりました。

 

毎朝、早起きして学校や仕事に行く家族を見て、私は治ってきたけど何もできないんだ…。と罪悪感を感じていました。

 

うつ病を治すためには、お薬をきちんと飲んで、お医者さんと相談していくことが大切です。

 

それと同じくらいかそれ以上に、“本当の意味での心の休養”が大切だと私は思います。

でも、寝て、食べて、遊ぶ!簡単なことなのに出来なくないですか…?

 

2年療養していますが、私はまだ、“休む”が苦手です。

好きなことして、寝て食べて…。それでいいし、生きてるだけで偉いんです。

 

頭でわかっていても、なかなか上手に休めないんですよね。

 

私だけでなく、この記事を読んでいる人も同じように悩んでいるかと思います。

 

自分を責めたり、泣いたり、傷つけていてはダメだ!

 

そう思い、罪悪感のすべてを消すことはできなくても、和らげていこうと工夫はしてきました。

 

その中でも効果があったな。と思うことを、真面目で頑張り屋さんのあなたに届けられたらいいなと思います。

 

少しでも読んでいただけると嬉しいです。

 

 

 

 

少しだけ嫌なことをする

f:id:riwo1224:20201219004937j:image

 

 休んでいる罪悪感を消す方法として、「少しだけ嫌なことをする」をあみだしました。

私は、自分を生産性のない人間だと思っていてとても辛かったです。

 

お金を稼ぐことができない、誰の役にも立ててない…

 

そんなことばかり考えていました。

実際は生きているだけでいいんですよね。

 

診察に行けばお医者さんや病院が儲かるし、薬を飲めばお薬の会社が儲かるし。

電気も使うし、食べ物も食べる。十分に経済を回してます。

 

で!も!辛いものは辛いですよね。考え方をすぐには変えられないし、受け入れられないことだってあります。

 

だから少しだけ嫌なことしてみましょう。

 

嫌なこと①アンケートアプリをする

私がインストールしたアンケートアプリは、2択で選んだり、CMをみるだけで簡単にポイントが入るものです。

 

そのアプリのキャラとチャットしたり、モニターアンケートと言って少し長めのアンケートに答えたりすると少し多めにポイントがもらえるという仕組みもあります。

 

ちょっと面倒ですが、誰かの役に立っているという実感があります。

ポイントがたまるとアマゾンギフト券や、スターバックスの券などに変えることができるので、自分で稼いだんだ!と経済を回す感覚も少し味わえます。

 

丁度いい面倒くささと、ポイントがたまってくれるところが、少し働いている感があって私は気が紛れました。

 

嫌なこと②家事

f:id:riwo1224:20201219005048j:image

回復期に入ってすぐに始めたと思います。

 

そのころ、妹とお母さんと3人で暮らしていたので、お母さんと妹のために洗濯・掃除・料理をすると罪悪感が薄れました。

 

今も、実家で洗濯と皿洗いは毎日のようにしています。

 

もちろん、辛くてできない日もあります。

 

そういう日は、しないでいいや。って感じで気軽にかまえています。

 

 

自分を磨く

病んで腐ってたらダメだ…。美と知識を蓄えよう!とちょっと無理やり前向きになってみることにしました。

 

そのおかげでいくつか趣味も増えたし、考え方も少しポジティブになって、自信が付いた気がします。

 

①読書

 

f:id:riwo1224:20201219004828j:image

凄い効果がありました。今まで全然本を読んでいませんでした。

学校の読書の時間はぼーっとしているか、読んでるふりをしていました(笑)

お金や、置く場所に困らないように、図書館で心理系の本を借りて、家で読んでいました。

 

本はなんでもいいと思います。知りたいことや勉強になりそうだなぁ~と思ったものを主に読んでいました。

 

読むだけではもったいないので、好きな文章や、気づかされたこと、勉強になる文をノートに書き写していました。

 

こんなかんじです!

 

 

f:id:riwo1224:20201219005653j:image

 

落ち込んだ時に見返すと元気がでます。

 

どん底から脱する力

どん底から脱する力

  • 作者:和田秀樹
  • 発売日: 2014/09/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

私が1番印象に残っている本です。

 

精神科医和田秀樹先生の「どん底から脱する力」です。

崖の下、どん底からしか見えない景色があることを教えてくれた本です。

 

下に落ちないように踏ん張っているときが一番辛い。

たしかに、鬱になるギリギリまで看護師をしていた時は本当に地獄でした。

でも、辞めてみると、踏ん張ってたときよりもよっぽど楽でした。

 

そして、自分を見つめなおす機会になっています。

もちろん、落ちないほうがいいし、元気なうちに、違う崖の上に移動したほうが絶対にいいですよね。

 

読書しながら、メモを取る。

少し体力を使うので、無理しない程度にやってみるといいかもしれないです。

これは、罪悪感を和らげられるし、認知行動療法にもなっている気がします。

 

心理学系、本当におすすめです。

 

②好きなことの勉強

f:id:riwo1224:20201219004840j:image

 

私は前回の自己紹介ブログで美容にすごく助けられたと書きました。

 

riwo1224.hatenadiary.jp

 

うつ病になって初めてできた趣味です。

私はメイク道具やスキンケアが大好きになったので、とにかくTwitterやインスタグラムで情報収集していました。

 

いつか役に立つといいな!そんな程度の気持ちで、“日本化粧品検定”のテキストを買って、読んだり、勉強しています。最近はなかなかできていなくて残念ですが、好きなことを勉強するって楽しいですよね。

 

受験もしたいなと思っています。

 

日本化粧品検定 2級・3級対策テキスト コスメの教科書

日本化粧品検定 2級・3級対策テキスト コスメの教科書

  • 作者:小西 さやか
  • 発売日: 2016/03/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 また、実際に“登録販売者”という、第2類・第3類のお薬の販売ができる資格を取得しました。

 

思うように勉強ができずに泣いて抑うつ状態になっていたことも正直あるので、受験することはめちゃめちゃおすすめはできないかもですが…

特に完璧主義が発動して、100点がいい!とごねていたこともあります…(笑)

取れないなら受験しない!とかも言ってました…(笑)

 

受験する、しない関係なく、何かの参考書を買って勉強してみるのはとてもありです!

 

 

7日間でうかる! 登録販売者 テキスト&問題集 2020年度版

7日間でうかる! 登録販売者 テキスト&問題集 2020年度版

  • 作者:堀 美智子
  • 発売日: 2020/06/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

まとめ

f:id:riwo1224:20201219005111j:image

 

いかがでしたか。

少し嫌なことをする、自分を磨くという方法をあげました。

もちろん、これをしていても、脳の病気は厄介なので、どうしようもなく落ちたりしていました。今も落ちるときは落ちます…。

 

回復期で、なおかつ元気がある時にしかできないことばかりかもしれません。

でも、元気なときに何もしてないのがとても辛かったので、今回紹介した方法にはかなり助けられました。

 

人のためになることと、自分のためになることのバランスをうまく取れたら、本当の意味で休むことができるのかもしれません。

 

もちろん、ただただ、趣味に没頭したり遊んだり、食べて寝て…これが一番最高の“休む”だと思います。

 

引き換えに少し、人のためになにかする、1円でも稼ぐ、自分を磨く…

 

これをすることで少し罪悪感が減って、もっと休むことができました。

 

少しでも参考になっていたらいいなと思います。

 

コメントの方もお待ちしています。

 

 

 

 

 

 

 

りをちゃん、自己紹介してみる!

f:id:riwo1224:20201206031529j:image

はじめまして。りをちゃんです。

 

わたしは、双極性障害を患っています。今ももちろん闘病中で、自宅療養をしながら、Twitter(@riwo1224)をメインに闘病の様子、メンタル系のツイートを発信しています!

最近は在宅ワークをしており、12月の末にはバイトをしているはずです。

 

今月の誕生日を迎えると25歳になります。なので今はまだ24歳です。

 

実は、もともと看護師をしていました。

学生時代にパニック障害、不安障害を発症し、働き始めてうつ病と診断されました。

退職し、2年以上療養生活を送っています。

 

今は、双極性障害 混合状態と診断を受けています。

 

しかも、とても最近…!2か月ほど前でしょうか…。

昨日、新しいお薬が処方され、やっと本当の治療が始まった!と自分では思っています。

 

この自己紹介ブログで、りをちゃんが病気になってしまった経緯や、2年間の療養生活で感じたことなどを届けられたらいいなと思います。

 

そして、私のことを知ってもらえたらいいな!

興味を持って応援してくれたらいいな!と思っています。

 

最後まで読んでくれるととても喜びます!

 

 

 

なんでうつ病になったの?

f:id:riwo1224:20201206031632j:image

さいころから、HSP気質であったり、感受性がとても豊かでした。

今思うとストレス耐性もとても低かったし、根性みたいなものは特になかったです。

協調性があって、気を使いすぎていた子でした。

基本的にいつもニコニコしていました。悪く言うとヘラヘラかなぁ?そんな感じです(笑)

 

なんの夢もなかった私は、高校卒業後、母に勧められた看護学校に行きました。

国家資格だし、なんとなく自分にあいそう!そんな気持ちで入りました。

 

初めての実習では、看護師のすばらしさを感じることができ、なりたい気持ちが、強く具体的になりました。

 

看護学校の実習では、実習が終わったあとに点数が付けられます。

私はクラスで1番だったんです。

 

その時に、なにか完璧主義のようなものが自分の中で生まれた気がします。

 

私には才能がある!できる!と、100点や、1番にこだわり始めたきっかけだと思います。

 

勉強に関しても、上位の方だったので、自分が今までしてきたことがないくらいに頑張りました。

 

看護師という仕事にもきちんと憧れや、尊敬を抱いて、とても努力していたと思います。

 

私には、長所であり、短所でもある、“感受性が強い”という性質があります。

 

医療現場のリアルなビデオを見ていた時、何度か倒れてしまうということが続きました。

 

「看護師になりたいのに、血や痛そうな医療行為を見ただけで倒れていて大丈夫なのか」「クラスメイトに変な目で見られていないか」

 

こんなことを考えながらテスト勉強をしていました。その時は週に1~3回テストがあり、ハードなスケジュールでした。

 

知らないけど涙が出る。きっと頑張りすぎでした。

そんな日々が続き、友達の家に泊まっていた時に、初めてパニック発作を起こしてしまいました。

 

友達の家に向かう電車でも、いつもと違う感じがしたのを今でも覚えているし、何度か降りようかな?と思いました。

 

寝る前にいきなり息ができなくなり、本当にびっくり…

 

それから、学校でもビデオを見る授業が受けられなくなり、手汗が止まらなくて怖くてたまりませんでした。

 

そこで初めて精神科を受診して、“不安障害”と診断を受けました。

 

それから、安定剤を飲みながら卒業し、看護師になることができました。

 

看護師になって少しのころはとても充実していたと思います。

苦手だった血も克服し、採血をしたり、検査や手術にもつきました。

 

しかし、いつの間にか行きたくないな…。と強く思うようになりました。

 

 

それもきっと、今日も注意たくさんされたな…と自信をなくしたり、今日失敗したことは明日治す!

 

と、変に完璧主義がでてきていたのが主な原因だと思います。

 

人間関係もとても難しいし、覚えることもたくさん。不規則な勤務。

夜勤では、ナースコールが鳴りっぱなしの激務…。

 

夜勤が終わってからまともに歩けないこともありました。なりたかった自分ってこれなの?と考え込むこともありました。

 

休日は布団にこもって「死にたい」と泣いたり、当時付き合っていた彼とのデートの帰り道でも、病的なくらいに号泣していました…。

 

デートが終わったら仕事…死にたい…。

 

 

そして、いつの間にか仕事に行く準備ができなくなり、受診しました。

そして、“うつ病”の診断を受けたわけです。

 

闘病生活、何してるの?

f:id:riwo1224:20201206031820j:image

今は、在宅でフリーライターをしています。

 

そして、休養している間に、お薬関係の資格を取りました。

 

はじめにも書きましたが、年明け前にはバイトをしていると思います。

今度、バイトの説明を聞きに行ってきます。少し緊張。

 

あとは、やってみたいことの勉強や、家事をして過ごしています。

 

私を救ったもの3つ。

美容

ずっと趣味がなく、休日の過ごし方といえば、友達や彼と遊びに行くことくらい。

 

でも、うつ病になってからは遊びに行けなくなりました。

調子がよくても、布団の中でTwitterをみるくらいしかできません。

 

Twitterで見つけたのは、たくさんの美容垢でした。

 

キラキラ可愛いコスメをみたり、美意識の高い女性たちを見ていると楽しい気持ちになれました。

 

うつ病でお布団から出られなくても、こんな素敵な気持ちになれるんだ!と感動でした。

 

みているだけで幸せになれるものは強いです。

今ももちろん、美容が好きだし、肌や髪も昔より綺麗になりました。

 

うつ病になって、本当の好きが見つかってうれしかったなぁ。

 

メンタルハッカーほっしーさん

Twitter、ブログ、YouTubeなどで活躍されている方で、うつ病経験者さんです。

経験者ならではのうつ病精神疾患に関することの発信にとても救われています。

 

 

 これはほっしーさんの最近のツイートです。

こんな風にYouTubeをアップされていたり、たくさんツイートもされていて心が軽くなります。

 

 

回復期に入ってからは、ほっしーさんのYouTubeをみてノートにメモをしたり、自分の感想や思いを書いて気持ちを整理しています。

セルフ認知行動療法になっています。

 

もちろん、急性期はそんなことできないですよね。

私は休んでていいのかな?生産性のない人間だ…と自分を責めていました。

 

そんな時に救ってくれたのは、ほっしーさんのサブアカウント

 

 

 

今でも辛いときはこのサブアカウントをザっと読み返したりします。

 

悩んでいることや罪悪感を和らげてくれる不思議な効果があります…。

辛い方は読んでみてください!

 

本も出版されています。これもノートにメモして感想を書いたり、好きな言葉を書きうつして、あとから読み返したり。

 

うつを治す努力をしてきたので、効果と難易度でマッピングしてみた

うつを治す努力をしてきたので、効果と難易度でマッピングしてみた

  • 作者:ほっしー
  • 発売日: 2018/10/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

価値観の合う仲間

ほっしーさんを知ってから、うつ病の闘病アカウントを作りました。

消して、新しく作ったのが今のアカウント(@riwo1224)なので、前のアカウントはもうないのですが…

 

そこで価値観の合う友達ができました。

その子たちのおかげで生きていられる気がします。今も仲良くさせてもらっています。

 

どうしようもない辛い気持ちを、家族などの近い人にはどうしても言えなかったし、言ってもわかってくれないだろうと思っていました。

 

Twitterで気持ちを発信すると、仲良くなった方たちが共感してくれたり、頑張っているね。生きてていいんだよ。と声をかけてくれます。

 

一人じゃないなと感じられるし、うつ病精神疾患を持っている方は何よりも優しい…。優しすぎるし、すごく思いやりがあって優秀な方が多いです。

 

話していると憂鬱な気持ちが吹き飛んだり、逆に頑張る力をくれます。

 

こんなに自由なネットの世界で深く長く友達でいられるなんて。

出会えて本当によかったです。

 

これから先の夢・まとめ。

f:id:riwo1224:20201206032204j:image

うつ病になって、今は双極性障害。闘病はとても辛いです。

だけど、自分と初めて向きあうきっかけをくれたような気がしています。

 

自分には何が合っているんだろう?

 

何がしたいんだろう?

 

どんな自分になりたいんだろう?

 

まずは、双極性障害寛解させることです。

少しでも幸せな気持ちで毎日過ごせるようになりたいし、死にたいと思わなくなることが大きな夢です。

 

贅沢な夢かもしれませんが、誰かのことを笑顔にできるような仕事をすること!

 

私が救われたように、辛い気持ちがある人に何か届けられたらいいなと思っています。

今はふわふわっとしていますが、形になったらいいな。

 

これからも、少しづつ、このブログやTwitterでたくさん発信できたらいいなと思っています。

 

読んでくださり、ありがとうございました!!